金品要求中止命令が2件 

本日付けの新聞に、暴力団員の金品要求行為に対する中止命令が、高崎警察署と前橋東警察署で相次いで出されたという記事が掲載されています。

ひとつは、高崎署は、4月27日、暴力団対策法に基づいて、指定暴力団山口組系幹部の男(39)=埼玉県深谷市=に対し、西毛地域の男性(19)に金品などの贈与を要求しないよう中止命令を出したという記事です。

事案は、県警組対1課によれば、組幹部の男は平成29年3月末ごろ、高崎市内の飲食店で第三者と揉め事になった男性に対し金品などの贈与を要求したというものです。

県警が山口組関係者に中止命令を出したのは初めてとのこと。

もうひとつは、前橋東署は、4月27日、暴力団対策法に基づいて、指定暴力団稲川会系組幹部の男(36)=前橋市=に対し、県央地域の男性(37)に金品などの贈与を要求しないよう中止命令を出したという記事です。

事案は、県警組対1課によれば、組幹部の男は平成29年4月25日、「ヤクザをなめんな。ヤクザのやり方で回収するからな」などと言って、男性に対し借入額以上の金品の贈与を要求したというものです。