金品要求行為で再発防止命令

本日付けの新聞各紙に、群馬県公安委員会は17日、沼田市在住の指定暴力団松葉会系幹部の男(56)に対し、暴力団対策法に基づいて、同日から1年間、他人に金品を要求する行為などをしないよう命じる再発防止命令を出した、とのことです。

事案は、県警によれば、この男は、昨年9月に沼田市内で飲食店を経営する男性(42)に、今年4月には同市内で運転代行業を営む女性(37)に、それぞれ金品を要求するなどし、中止命令を受けていたというものです。県公安委員会は、この男が今後も類似した行為を繰り返すおそれがあると判断し、今回の再発防止命令を発することになったようです。