組加入強要で中止命令

新聞報道によれば、伊勢崎署は、2月11日までに、暴力団対策法に基づき、栃木県下野市の指定暴力団六代目山口組系組幹部の男(42)に対し、伊勢崎市の男性会社員(28)に組への加入を強要しないよう中止命令を出した、とのことです。

事案は、群馬県組織犯罪対策1課によれば、組幹部の男は、1月16日、男性方に電話し、「おまえ、やくざになれ。今度登録するから」などと言って組への加入を強要したとされるものです。