生活保護費詐取未遂で組幹部逮捕

10月21日付けの上毛新聞に、生活保護費を不正受給しようとしたとして、太田署は、20日までに、詐欺未遂の疑いで、指定暴力団任侠山口組系幹部の男(52、太田市)を逮捕したという記事が掲載されています。

逮捕容疑は、9月20日、受給資格のない暴力団員であることを隠して、太田市福祉事務所に生活保護を申請し、同月から11月までの生活保護費として現金約37万円をだまし取ろうとした疑いがあるというものです。同署によると、男は「既に破門になっている」と容疑を否認しているとのことです。