身分を隠して口座開設した容疑で組員逮捕

県警機動捜査隊と藤岡署は、16日までに、詐欺容疑で、指定暴力団松葉会系組員の男(35)を逮捕した、という新聞報道がありました。

事案は、2011年(平成23年)3月上旬、高崎市内の銀行で、暴力団関係者ではないと確認する書類に押印して提出し銀行担当者を誤信させ、口座開設し、通帳を作成。同月下旬、キャッシュカードを自宅に郵送させて、通帳やキャッシュカードをだまし取った疑いがあるというものです。

4年以上前に発生した事案です。県警によれば、組員は容疑を認めているとのことです。