全面可視化事件が起訴

6月14日の上毛新聞などに、全面可視化した事件が起訴されたという記事が出ています。

東京地検特捜部は、6月13日、取り調べの全過程を録音・録画(=可視化)した事件について特別背任罪で起訴したという。

弁護人は「供述の誘導はなく適切に進んだ。全面録画によって弁解を聞いてもらいやすかった」、検察官は「本音を引き出すのは難しかった」と、それぞれ感想を述べています。