金品要求で中止命令

新聞報道によれば、高崎警察署は、1月下旬、暴力団対策法に基づき、安中市在住の指定暴力団六代目山口組系組幹部の男(32)に対し、西毛地域在住の男性(26)に金品などの贈与を要求しないよう中止命令を出したとのことです。

事実関係は、県警によれば、組幹部の男は、昨年8月下旬ころ、「恥をかかせやがって。どうけじめをつけるんだ。200万円用意しろ」などと言って、男性に金品を要求したとされます。