暴排条例違反で逮捕

今日の新聞報道によれば、県警組対1課と太田、桐生両署は、1月30日、県暴力団排除条例違反の疑いで、指定暴力団住吉会系組長の男(48)を逮捕したとのことです。

逮捕容疑は、平成28年11月19日ごろから同年12月6日までの間、学校から約50メートルしか離れていない場所に暴力団事務所を開設して運営していたというものです。

同条例違反での摘発は初めてとのことです。