用心棒代要求に中止命令

8月2日付けの朝日新聞によれば、群馬県警は、8月1日、富岡市在住の指定暴力団山口組系組員の男(33)に対し、暴力団対策法に基づく中止命令を出したとのことです。

事案は、県警組対1課によれば、組員の男は、7月上旬、富岡市の無職の男性(29)に対し、「今月も頼むよ」などと言って「用心棒代」を要求したというものです。ところで、この組員は、昨年、この男性の車両購入を仲介をしたようですが、その際、「今後も面倒を見る」などと言い、その後約1年にわたり、毎月10万円を支払わせていたようです。

無職の男性は、車の購入にあたり組員の男に一時的には世話になった可能性はあるかもしれませんが、そのことがきっかけで約120万円という大金を支払わされてしまったことになります。

よく、暴力団を「利用しない」ことが大切と言われます。公益財団法人群馬県暴力追放運動推進センターは、暴力団追放のため「三ない運動」(※)を推進しています。その「三ない運動」のひとつに、「暴力団を利用しない」があります。暴力団を利用すると、逆に「金ずるにされる」おそれがあるからです。

※最近は、「三ない運動+1(プラスワン)」で、内容は「①利用しない、②恐れない、③金を出さない、④交際しない」というものです。