組員が恐喝容疑で逮捕

伊勢崎警察署は、30日までに、恐喝の疑いで、高崎市の指定暴力団松葉会系の組員(45)を逮捕した、とのことです。本日の上毛新聞に掲載されています。

事案は、昨年8月上旬、伊勢崎市内の内装業の男性(41)から、男性の金銭トラブルを仲介した見返りとして現金3万円を脅し取ったというものです。

逮捕容疑が事実とすると、内装業の男性は金銭トラブルの仲介を組員に依頼し、その見返りとして3万円を恐喝されてしまったということです。そうだとすると、この事案も暴力団員に依頼した市民が逆に暴力団員による被害者になってしまった事例のひとつということになります。